沖縄旅行情報・ホテル・ツアー・航空券・レンタカーを各旅行会社で格安比較予約できます 旅行を格安で楽しむ為に観光・気候・安い時期などの情報を提供 




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リクルートの旅行部門「じゃらんリサーチセンター」は21日、「じゃらん宿泊旅行調査2011」の結果を発表。

全7テーマで人気度を調べた都道府県別ランキングで、「魅力ある特産品や土産物が多かった」「地元の人のホスピタリティーを感じた」の2部門で沖縄がトップに輝いた。

両部門とも06年の調査以来6年連続の1位。
このほか4テーマでもトップ3にランクインしており、「沖縄の宿泊先としての人気の高さがうかがえる」と分析。


希望地の割合は沖縄が1位で、次いで青森・秋田・山形の東北3県となった。
「自粛から復興ムードに転換していく中で、安全性の面からも他と比べてのんびり過ごしたい、という気持ちが沖縄の数字を押し上げている」と説明。

東北を希望している点については「東北を訪問すること自体が支援につながる、という意識が高まっている結果」とした。

「特産品、土産―」は沖縄そばや海ブドウ、紅イモなど他の都道府県と比較して郷土料理、特産品が多く挙げられており、特色ある文化が魅力につながっているといえる。
「地元の人のホスピタリティーを感じた」ではホテル、観光スポットに加え、タクシーや居酒屋、市街地名などが多く挙げられている。
 -琉球新報 -
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。