沖縄旅行情報・ホテル・ツアー・航空券・レンタカーを各旅行会社で格安比較予約できます 旅行を格安で楽しむ為に観光・気候・安い時期などの情報を提供 




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の方言(ウチナーグチ)は、日本祖語から枝分かれした日本方言の中のひとつであるとされています。


また琉球方言は、奄美方言、沖縄本島方言、宮古方言、八重山方言に大別されています。ですから、本島の人間と、宮古の人間、あるいは、八重山の人間と宮古の人間では、言葉があまり通じないということも起こります。


沖縄大和口(ウチナーヤマトグチ)と呼ばれる共通語と方言が混ざった言葉や、若者たち独自の感性で語られる新しい言葉=方言が生み出されています。


沖縄の方言(うちなーぐち)は、奈良時代以前に日本語から枝分かれした言葉です。 基本的に母音は、a・i・uの3音で、e・oはi・uに吸収された形となります。 例えば「これ」の場合、「こ」の母音oがuに吸収され、「くれ」 になります。


地域によっては、同じ言葉でも表現が違ってくることも特徴です。 特に宮古は特徴的なので、沖縄本島にいる人にとっては、まったくわからない方言でもあります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。